【250cc〜400cc】アメリカンバイクの魅力と排気量別おすすめ車種6選をご紹介!

この記事では、コバヤシとばんちょくんが中免で乗れるアメリカンバイクについて解説していきます!

目次

アメリカンバイクとは?

ワイルドなデザインと安定感のある走りで根強い人気を誇るアメリカンバイク。

コバヤシ

そもそもアメリカンバイクってどんなバイクのことを指すんや?

よくぞ聞いてくれた!

アメリカンバイクとは、広大なアメリカの土地を如何にストレス無く走るかという用途で生まれたバイクのこと。低重心で、ずっしりとしており、ロングツーリングやタンデム走行が得意です。

実は「アメリカンバイク」は和製英語。海外では「クルーザー」が通称名

コバヤシ

雑誌とかで、たまにアメリカンバイクのことをクルーザーって呼んどるけどアレ何や?

実は「アメリカンバイク」という名称は和製英語で、アメリカンバイクと呼ぶのは日本だけ。みんなが「アメリカンバイク」と言っているバイクは、世界では「クルーザー」と呼ばれています。

アメリカンバイクの種類

アメリカンバイクにはどのような種類があるのでしょうか?

ここではアメリカンバイクの人気5種類をご紹介します。

クラシック

タイヤを包み込むようなフェンダーと幅が広いハンドル、ソファのような座り心地のシートが特徴。

「アメリカンバイク」というと、クラシックスタイルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

チョッパー

長いフォークと、高い位置に設定したハンドルや短いフェンダー、コンパクトな燃料タンクなどが特徴。1969年に制作された映画「イージー・ライダー」に出てくるバイクはチョッパースタイルです。

ドラッガー

直線道路のタイムを競うドラッグレース。そのドラッグレース用の車両をモチーフにしたデザインが特徴。アメリカンといえば、ずっしりとした車体にどかっと座るイメージだと思いますが、ドラッガーはスポーツバイク寄りで「ネイキッド×アメリカン」のようなイメージのバイクです。

ボバー

短いフェンダーや、低い位置にセットしたハンドルが印象的な、ダートトラックレース用車両をモチーフにしたスタイル。チョッパースタイルより少しスポーツ寄りなデザインです。

ハイテック

極太タイヤや曲線美を意識したマフラーなど、近未来的デザインのバイクのスタイルのことを指します。

アメリカンバイクの選び方

アメリカンバイクは、どのように選べば良いのでしょうか?

バイクを選ぶ際に考えたいポイントを2つお伝えします。

デザインで選ぶ

バイクを選ぶときには、まず見た目から。車種まで絞れなくても「こういうスタイルのバイクが好きだなぁ」と直感で好意を持てるデザインを探しましょう。

バイク→アメリカンバイク→クラシックタイプ

バイク→ネイキッドかアメリカンバイク→ドラッカー

などと、少しずつ的を絞っていくといいでしょう。

排気量で選ぶ

バイクを選ぶ際に決めておきたいのが、排気量。

250ccと400ccで排気量以外に大きく違うのが、車検の有無です。維持費はそこまで大きく変わりませんが、400ccは、2年に一度しっかりと車検を受ける必要があります。

車検がない分カスタムしやすく、初心者や女性でも街乗りで乗りこなしやすいのが250ccのアメリカンバイク。400ccは250ccよりも車体も大きく迫力があるため、長距離ドライブが多い人や、存在感のあるバイクがほしい人におすすめです。

[排気量別]普通自動二輪免許で乗れる人気のおすすめアメリカンバイク

250ccと400ccのバイクは普通自動二輪免許で乗ることができます。

その手軽さからも、250ccと400ccは人気のある車格クラスです。

250ccのおすすめ国産バイク6選

国産250ccバイクのおすすめ車種6選をご紹介します!

ヤマハ ドラッグスター250

ヤマハビラーゴの後継車として2020年6月に発売開始されたドラッグスター250。その秀逸なデザインと乗りやすさから、新車が販売終了した今なおアメリカンバイクファンに人気の車種です。ホイールベースは1530mmとビラーゴよりも35mm長く、全高はアップハンドル版のビラーゴよりも70mm低い1070mm。ロー&ロングスタイル全盛期の1990年代に広く親しまれました。

価格帯:(中古車)20〜120万円

JBKーVG05J 基本スペック
エンジン空冷4ストロークV型2気筒
最高出力20PS
最大トルク19N.m(1.9kgf.m)
車両重量160kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

ヤマハ ビラーゴXV250

出典:bikebros

ヤマハから大型、中型に続き1988年1月に発売された250ccのアメリカンバイク。

足つきがよく、小回りがきくことから、今なお初心者や女性ライダーからの支持が熱い車種です。

価格帯:(中古車)15〜85万円

XV250Viragoブルバックハンドル仕様海外向けモデル 基本スペック
エンジン空冷4ストロークV型2気筒
最高出力22PS
最大トルク20.6N.m(2.1kgf.m)
乾燥重量137kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

カワサキ エリミネーター250V

出典:BikeBros

カワサキのアメリカンバイク、エリミネーター。その走りはスポーツモデル顔負けで、ストリートドラッガーの先駆けとなったモデルです。

価格帯:(中古車)30〜80万円

EL250A 基本スペック
エンジン空冷4ストロークV型2気筒
最高出力35PS
最大トルク24N.m(2.4kgf.m)
車両重量186kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式6段変速

スズキ イントルーダー LC250

出典:BikeBros

足つきがよく乗りやすい車種。ロー&ロングな車体、細部にメッキパーツを多用し質感が高いモデルです。

価格帯:(中古車)22〜55万円

BAーVJ51A 基本スペック
エンジン空冷4ストロークV型2気筒
最高出力24PS
最大トルク23N.m(2.3gf.m)
車両重量157g
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

ホンダ レブル250

出典:Honda

1980年代から約10年間発売され、惜しまれつつもシリーズの幕を閉じたレブル。

2017年4月、なんと20年ぶりに蘇り、レブルファンを沸かせました。

かつてのレブルは豪華クルーザー250ccのイメージが強いデザインでしたが、2017年から発売されている新レブルはシンプルな素材感で勝負したスタイルです。

価格帯:(新車)メーカー希望小売価格 610,500円/Sedetion 649,000円
(中古車)20〜160万円

8BK-MC49(現行レブル)  基本スペック
エンジン水冷4ストローク単気筒
最高出力26PS
最大トルク22N.m(2.2kgf.m)
車両重量171kg
燃料供給方式電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
変速機リターン式6段変速

ホンダ Vツインマグナ250

出典:Honda

本格的アメリカンバイクとして、ホンダから発売されたVツインマグナ250。マグナは原付きでも人気の車種として有名ですが、250ccのマグナも負けていません。しっかりとした存在感のあるボディ、安定感のある走りと加速感が魅力で、ファンが多くついている車種のひとつです。

価格帯:(中古車)20〜105万円

BA-MC29 基本スペック
エンジン水冷4ストロークV型2気筒
最高出力27PS
最大トルク23N.m(2.3kgf.m)
車両重量184kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

400ccのおすすめ国産バイク6選

国産400ccバイクのおすすめ車種6選をご紹介します!

カワサキ バルカンクラシック

出典:goobike

バルカンベースのクラシックバリエーションタイプ。厚手のシートや前進したステップ、大きく手元に延びたハンドルバー、前後の16インチタイヤと深いフェンダーが魅力的の車種です。

価格帯:(中古車)35〜90万円

BC-VN400A 基本スペック
エンジン水冷4ストロークV型2気筒
最高出力33PS
最大トルク32N.m(3.3kgf.m)
車両重量234kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

ホンダ シャドウスラッシャー400

出典:Honda

1997年発売のシャドウをベースに作られたバリエーションスタイル。

シャドウ400はクラシカルスタイル、シャドウスラッシャーはロー&ロングスタイルを意識したデザインで、1999年秋の東京モーターショーで初めて公開され、その後2000年に発売されました。

価格帯:(中古車)34〜80万円

BC-NC40 基本スペック
エンジン水冷4ストロークV型2気筒
最高出力33PS
最大トルク35N.m(3.6kgf.m)
車両重量229kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

スズキ イントルーダークラシック400

出典:goobike イントルーダー400

2001年3月に発売されたイントルーダークラシック400。深くて大きい前後のフェンダーに、メッキを多用した外装など「クラシックスタイル」のアメリカンを追求したようなデザインが魅力的な車種です。

価格帯:(中古)30〜110万円

EBL-VK56A 基本スペック
エンジン水冷4ストロークV型2気筒
最高出力33PS
最大トルク33N.m(3.4kgf.m)
車両重量275kg
燃料供給方式フューエルインジェクション
変速機リターン式5段変速

ヤマハ ドラッグスター400

出典:goobike

1996年2月に登場したドラックスター400。ロー&ロングスタイルを極めつつも、どこか柔らかさを感じさせる秀逸さのあるデザイン。低シート高による足つきの良さも相まって初心者や女性ライダーの人気も高い車種です。

価格帯:(中古車)30〜140万円

EBL-VH02J 基本スペック
エンジン空冷4ストロークV型2気筒
最高出力30PS
最大トルク31N.m(3.2kgf.m)
車両重量234kg
燃料供給方式フューエルインジェクション
変速機リターン式5段変速

ホンダ スティード400

出典:Honda

1988年に登場したホンダのスティード400。VLX、VCL、VSE、VLSなど15年に渡るスティードシリーズのモデルライフの中でたくさんのバリエーションで発売された車種です。

価格帯:(中古車)18〜100万円

BC-NC26基本スペック
エンジン水冷4ストローク2気筒
最高出力31PS
最大トルク33N.m
車両重量215kg
燃料供給方式キャブレター
変速機リターン式5段変速

ホンダ VT400

出典:Honda

数ある日本製アメリカンバイクの中でも、ネイキッドよりなデザインのVT400。スポーティなデザインが魅力的な車種です。

価格帯:(中古車)55〜110万円

EBL-NC46 基本スペック
エンジン水冷4ストロークV型2気筒
最高出力31PS
最大トルク32N.m(3.3kgf.m)
車両重量229kg
燃料供給方式フューエルインジェクション
変速機リターン式5段変速

おしゃれに着こなそう!アメリカンバイクに合わせたいバイクグッズ

アメリカンバイクに乗るならファッションも楽しみたい!ですよね。

アイテムにこだわるだけで、ぐっとおしゃれなバイク乗りになることができます!

ヘルメット

アメリカンバイクに似合うヘルメットは、

  • ハーフヘルメット(半ヘル)
  • フルフェイスヘルメット
  • ジェットヘルメット

昔はアメリカンバイク=半ヘルのイメージが強かったようですが、かっこいいデザインのフルフェイスヘルメットも増えてきたため、安全性を考えフルフェイスを選ぶのが主流になってきています!

安全性や機能性を考えると「フルフェイス」「ジェットヘルメット(シールド付き)」がおすすめです。

色は「ブラック」や「マットブラック」などの落ち着いた色を選ぶとファッション全体をおしゃれにまとめることができます。

ジャケット

アメリカンバイクファッションといえば「レザージャケット」ではないでしょうか。寒い季節でも冷たい風を防ぐことができるジャケットは一枚もっておきたいアイテムのひとつです。

ブーツ

アメリカンバイクファッションに欠かせないアイテムの一つがブーツ。バイク専用ブーツには滑り止め加工がされているものも多く、定番のレザーブーツやカジュアルなものまで幅広い種類のものがあります。

グローブ

アメリカンバイクにのるときに欠かせないアイテムのひとつがグローブ。バイクやジャケット、ブーツと色を合わせて選ぶと全体のバランスが良く、かっこいいバイクファッションになります。転倒したときや虫が飛んできたときなどの安全性を考えて、バイクグローブはつけるようにしましょう。

まとめ:おしゃれでかっこいいアメリカンバイクは最高!

普通自動二輪(中型免許)で乗れる国産アメリカンバイクにはかっこいい車種がたくさんあります。バイクグッズにもこだわって、おしゃれでかっこいい最高なアメリカンバイクライフを過ごしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次