動かないバイクでも買取可能?不動車の買取査定について

バイク売却ガイド

長年乗っておらず、エンジンがかからなくなってしまった、父が乗っていたが、父以外の家族で乗る人間がおらず放置してあるなど、自宅や実家に動かないバイク、いわゆる不動車がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな不動車でも、買取査定に出すことが可能です。そんな動かないバイクの買取事情についてまとめてみました。

不動車とは?

不動車とは、読んで字のごとく「動かないバイク」です。とはいえ、不動車にはいくつかのケースがありますので、まずはそのケース分類をしておきましょう。

故障車と呼ばれるケース

不動車の中でも、バイクに何らかの不具合があり、動かせなくなってしまったバイクを故障車と呼びます。故障車の場合、バイク修理工場などに相談し、修理をすれば動きますので、まずは処分をするかどうかを考える必要があります。

高いお金を払って直したところでもう乗らないというのであれば、買取査定をお願いするのがベストの選択でしょう。もちろん買取査定の対象となりますし、故障の原因によっては高額の買取も期待できます。

事故車と呼ばれるケース

人身事故に限らず自損事故、物損事故などで動かなくなってしまったバイクを事故車と呼びます。また、事故を起こして修理をしたことがあるバイクも事故車と呼ばれることがあります。

ここでは不動車の中の事故車ということで、事故が原因で動かなくなったバイクを考えてみましょう。事故車の場合にも買取査定を受けることは可能です。ただし、事故によってどの部分にダメージを追っているのかで買取が可能なのか、処分をするしかないのかが決まるケースが多く、買取査定の金額はおおむね低めになると考えておいた方が良いでしょう。

不動車と呼ばれるケース

長年乗っていないことでエンジンがかからなくなり、ほこりをかぶっているようなバイクを不動車と呼びます。不動車の場合、保管状況や車種次第では高額査定を受ける可能性があり、もっとも高額査定の期待ができるケースといってもいいでしょう。

故障車、事故車、不動車のどれも動かないバイクですが、バイク買い取り専門業者に連絡すれば、買取の対象であることは間違いありません。では、続いてどのようなケースで高額買い取りができるのかをみていきましょう。

高額買い取りを期待できる不動車

どうせ買取に出すのであれば、できるだけ高額で買い取ってもらいたいのが心情というものです。では、どのような不動車であれば、高額の買取が期待できるのでしょうか?

中古市場で人気の車種である

何より最優先されるのは車種や年式。中古市場で人気のモデルであれば、少々故障していようが、比較的高額での買取が期待できます。もちろん買取査定のタイミングで、自分の持っている車種が人気かどうか判断するのは難しいかもしれませんが、見積もりを出してもらうのもいいかもしれません。

動かない原因がハッキリしている

今動かないバイクでも、なぜ動かないのかがハッキリしている場合は、査定でも高額が出やすくなります。原因がわかっているということは、どのような修理をすれば、どの部品を交換すればいいのかがわかっているということになりますので、買取業者としてもリユースにかかる費用が算出しやすいということになります。

費用が算出しやすいということは、買取の値段も計算しやすいということ。その分高額になる可能性があるわけです。

反対に何が原因かわからない場合は、リユースにどれだけ費用がかかるか想定できないため、必然的に買取の価格も低く見積もられることになります。

保管状況が良い

長期間乗らずに放置していたバイクでも、屋根のある屋内に停めているのと、屋根のない屋外でカバーをかけて停めているのと、カバーもなく雨ざらしにしているのでは、バイクのパーツへのダメージが違います。

雨ざらしで保管していたバイクの場合、サビなどが原因で交換しなければいけない部品が多くなり、リユース自体難しいと判断されることもあります。乗らないにしても大切に保管しておくことが高額買い取りにつながると覚えておきましょう。

バッテリー交換で動くケース

しばらく乗っていなかったバイクが動かなくなる最大の原因が「バッテリー上がり」です。どこか故障していると思っているバイクでも、実はバッテリーが上がっているだけというケースは多く、バッテリー以外に問題がなければ高額買い取りが期待できます。

もしご自宅に車などがある場合は、買取査定に出す前に一度バッテリーをチャージしてエンジンをかけてみましょう。かかるようであれば原因はバッテリーです。

バッテリー上がりが不動の原因の場合の対処法は2つ。1つは自分でバイク用品店に行き、新しいバッテリーを購入して交換すること。これであなたの不動車は不動ではなくなり、買い取り金額のアップが期待できます。

もうひとつは買い取りを依頼した業者に、素直にバッテリー上がりでエンジンがかからないことを伝える方法。その旨を伝えれば、買取査定業者の方でバッテリーを用意し、実際にバッテリーを載せ替えれば動くのかどうかを確認してくれます。

放置していた期間が比較的短い場合はバッテリーの購入が、放置期間が長い場合はバッテリーでエンジンはかかっても、他にも不具合があるかもしれないので、業者に伝えることが最善策と考えるといいでしょう。

まとめ

今はもう動かなくなったバイクでも、バイク買い取り専門業者であれば買取は可能です。ただし業者によって買取の査定金額は変わるため、どの業者に依頼するかが大きなポイントとなります。

バイク買取番長は、これまでにも多くの不動車を買い取っており、そのノウハウはきっちりと蓄積されています。不動車が動かない原因を見抜き、そのバイクに見合った査定金額を提示することができるのは、こうした多くの実績を持った、バイク買取専門の業者です。

万が一買取の希望に添えない場合も、できるだけ費用の掛からない方法での処分方法をご提示します。これも多くのバイクを買い取ってきた、バイク買取番長ならではのサービスといえるでしょう。

動かないバイクを自分で処分するのは大変な作業ですし、費用も少なくありません。処分を検討している不動車がある場合、まず一度バイク買取番長にご相談ください。出張見積もりは一切無料にて承っております。

バイク買取に関してはプロを自負しているバイク買取番長が、あなたの愛車をしっかりと査定させていただきます。

滋賀・京都専門のバイク買取

地域密着型でしか真似できない大手以上の高額買取、書類・手続きに関する徹底サポートをお約束します。
バイク買取に関することなら何でもお気軽にお問い合わせください。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

0120-075-819
line