【ヤマハ】ドラッグスター400の買取相場

買取相場価格

ヤマハ ドラッグスター400クラシック

低く構え、前後に長くストレッチしたフォルム。

いわゆるロー&ロングと言われるスタイルで人気のカテゴリーがアメリカンあるいはクルーザーと言われるものです。

かつてはアメリカンと呼ぶ人が多かったように思いますが、今ではクルーザーと呼ぶ方のほうが多いですよね。

クルーザータイプのバイクには、大きなシートにどっかりと腰掛け、手足を前方に投げ出して、真っ直ぐな道路をどこまでも走っていく…という、ある種テンプレ的なイメージが付きまといがちでした。

しかし、日本でも様々なカスタムが行われるようになり、クルーザーはその格好の対象となりました。

都会的なものからワイルドなものまで、バリエーション豊かなカスタムを施されたクルーザータイプのバイクは実に華やかでファッショナブルな存在感を放っていました。

そんな中でもひときわ人気のあった車種のひとつが、ヤマハのドラッグスター400でした。

今回は、ドラッグスター400の買取相場についてご説明させていただきます。

ドラッグスター400の買取相場

以下では、当店で買い取らせていただきました、ヤマハのドラッグスター400の買取相場を一覧表にまとめました。

車種名、年式、走行距離、買取価格の4項目を表示し、買取金額の高い順で1位から15位までの表となっております。

各項目の関係に注目してご覧ください。

車種名 年式 走行距離 買取価格
ドラッグスター400クラシック 2011年 2318km 320000円
ドラッグスター400クラシック 2015年 15632km 310000円
ドラッグスター400クラシック 2010年 3502km 300000円
ドラッグスター400クラシック 2017年 6779km 290000円
ドラッグスター400クラシック 2010年 4725km 290000円
ドラッグスター400クラシック 2010年 11510km 290000円
ドラッグスター400クラシック 2014年 13421km 290000円
ドラッグスター400クラシック 2013年 11740km 290000円
ドラッグスター400クラシック 2010年 10694km 280000円
ドラッグスター400クラシック 2014年 12068km 280000円
ドラッグスター400 2012年 7729km 280000円
ドラッグスター400クラシック 2013年 4268km 280000円
ドラッグスター400 2008年 5498km 280000円
ドラッグスター400クラシック 2006年 12409km 280000円
ドラッグスター400 2010年 14995km 280000円

ドラッグスター400買取の傾向と対策

上記の買取相場一覧表から、いくつかの事実を発見することができます。

まず、全15台のうち、実に12台がドラッグスター400クラシックであるということ。

つまり、スタンダードなドラッグスター400よりも、ドラッグスター400クラシックのほうが買取価格が高い傾向があると言えるでしょう(流通台数の関係もあるでしょうが、ここではそこまで踏み込むことは避けておきます)。

次に、全15台のうち、13台がここ10年以内のモデルであることです。

年式が新しいほうが買取価格が高いのは当たり前のことではありますが、10年以内という数字をめどに覚えておけば、ご自身のバイクが買い叩かれているのかどうかの目安になるでしょう。

ちなみに、一覧表には含まれていませんが、10年以上前のモデルで20万円以上の査定額がついたものは、完成度の高いカスタムが全体に施されていたものである傾向が極めて強く見られます。

ですので、発売から10年以上経過しているドラッグスターでも、こだわりのカスタムをしてらっしゃるならば、高額査定を期待できます。

また、今回の表に掲載されたドラッグスター400の査定額が、すべて28万円から32万円という狭い値幅に収まっていることにも注目です。

2010年以降のモデルのドラッグスター400クラシックで保管状態が良ければ、30万円前後の買取額は期待できるでしょう。

ドラッグスター400の歴史と魅力

前述の通り、ドラッグスター400はアメリカンクルーザータイプのバイクです。

かつて、アメリカンタイプのバイクが大流行したとき、圧倒的な人気を誇っていたのがホンダのスティードでした。

ステアリングステムからリアタイヤのセンターに向かって真っ直ぐに伸びるスティードのフレームのラインは、かなりのカスタムが施されていても、そのバイクがスティードであることを知らしめるほど美しいものであり、当時スティードの競合モデルとしてヤマハから発売されていたビラーゴはかなり押されている感が否めませんでした(私個人的にはビラーゴの線の細さも好きなんですが)。

そんななか、ヤマハがビラーゴの実質後継機種として1996年に発売したのがドラッグスター400でした。

ここでデザインのヤマハの本領発揮というべきでしょうか、ドラッグスター400はなんともかっこよかったわけです。

一見ごくスタンダードなアメリカンクルーザーなんですが、左後ろから見たときの、リジッド風のスイングアームがシャフトドライブのスッキリした見た目と相まって、とてもクールな印象を見るものに与えます。

さらに、ドラッグスター400発売から2年経過した1998年にドラッグスター400のバリエーションとして、ドラッグスター400クラシックが発売されました。

ドラッグスター400クラシックでは、前後フェンダーが深めのフォルムになり、ヘッドライトも大型化されるなど懐古主義的なデザインが採用されましたが、これまたヒット作となりました。

また、アメリカンクルーザーといえばゆったりと真っ直ぐな道を走ることが想定されており、ハンドリングを求めるようなものではありませんが、ドラッグスター400はアメリカンクルーザーらしからぬ軽快なハンドリング性能も評判でした。

アメリカンクルーザーとはいえ、やはり走るのは日本の道路ですから、器用な走りもできるに越したことはありません。

このようにして、ルックスも走りも高評価を得たドラッグスター400は人気の国産アメリカンクルーザーとしての地位を確立したのです。

個人的なイチオシポイントは、さきほども少し触れましたが、シャフトドライブであることです。

シャフトドライブの独特の走行フィールを好まない方もいらっしゃるようですが、チェーンのようなメンテナンスも不要ですし、得られるメリットも少なくありません。

しかし、私がシャフトドライブを推す理由は、機能面ではなく、そのビジュアルです。

シャフトドライブだと一本のシャフトがタイヤのセンター付近を通っているのみで、非常にスッキリとしたリア周りを実現できます。

したがって、バイクの外装はスッキリしている方が好きという方には非常に好まれるデザインと言えるでしょう。

また、クラシックに関しては、非常に完成度の高いスタイルとなっておりますので、カスタムしたようなスタイルが好きだけど、あまり自分でお金をかけてカスタムはしたくない、という方には非常におすすめです。

滋賀・京都専門のバイク買取

地域密着型でしか真似できない大手以上の高額買取、書類・手続きに関する徹底サポートをお約束します。
バイク買取に関することなら何でもお気軽にお問い合わせください。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

0120-075-819
line