バイク買取でよくあるトラブルとは?回避するコツまで解説

バイク売却ガイド

バイクの買取をして欲しいと思っているにもかかわらず、納得できない買取条件の場合には詐欺を疑ってしまうようなこともあります。

しかし、必ずしも買取業者側に非があるのではなく、売り手側の知識が不足しているために不満が出ている可能性もあります。今回は、バイクの買取でよくあるトラブルについてご紹介していきます。

買取価格が電話で提示されたものと違う

査定をしてもらう時には、事前に電話や査定相場を確認することが多くなっています。中には複数の業者を比較した上で、最も高いお店に買取をしてもらおうと思っている人がいると思います。

にもかかわらず、実際に査定をしてもらうとあまりにも価格が違い、せっかく比較までしたのに買取価格が下がってしまうのは納得が行かないというのも分かります。

しかし、電話やメールなど様々な情報を使ってある程度の買取価格を提示してもらえたとはいっても、それはあくまで目安だと考えておいてください。

数千円単位ならまだしも、あまりにも大きく違う場合には不安を感じてしまうのも分かりますが、買取店にとっても実際にバイクを見てみないことには判らない情報がたくさんあります。

その点についてはしっかりと理解しておくようにしてください。

買取できないといわれた

場合によってはバイクを買い取ってもらう事すらできなかったり、査定額がゼロ円であると言われたりすることもあります。

どうしてそのようなことになってしまうのか、と怒りを感じるかもしれませんが、その理由はとてもシンプルです。売りたいバイクに、バイクとしての価値が全くないということです。

事故車など著しく状態の悪いバイクは買取をしてもらえませんし、不良箇所が多くありすぎる場合にも買取価格がつかないということはよくあります。

そのような場合には、バイクそのものを売ろうとするのではなく、そのバイクが持っているパーツの中で使えるものだけを買い取ってもらうというのも一つの方法です。

廃車にするだけでもお金がかかってしまいますので、少しでも売れる部分は売るように工夫してみてください。

手続きがいつまでも進まない

申し込みから査定を受けるまではスムーズに行われていたのに、買い取ってもらってからの手続きが全く進まないということがあります。

バイクはもちろん車もですが、購入する時と同じように手放す時にも手続きが色々と必要になります。

この手放す時の手続きがスムーズに進めば良いのですが、場合によっては業者が手違いをしてしまったり、うまく手続きが進まないこともあります。

そうなるとなかなか名義変更がされないために、長い間待たされてしまう場合があります。

手続きが進まない時はすぐに連絡を

そもそも手続きが進まない理由は買取業者側に原因がありますので、手続きが進んでいないという旨を業者側から買取依頼者に伝えるのが常識です。

しかし連絡をしてこないのであれば、依頼者側からすぐに連絡をするようにしてください。

買取手続きが進んでいないと感じるのであれば、その時点で連絡をするようにしてください。ひどい場合には、買取をして手続きを進めなければならないということすらも忘れてしまっている可能性があります。

買取業者はプロですが人間でもありますので、間違ってしまったり忘れてしまったりということももちろんあります。

連絡をしなければ、いつまでも手続きが進まないという可能性もありますので連絡をする必要がありますし、もしも悪意があって手続きを進めていないような場合にはそのような業者に対して何を言っても無駄ですので、すぐに消費者センターに相談してください。

違約金を請求されてしまった

査定をした時に、もしも実は事故を起こしていたなど重要な部分を隠してしまっていた場合、それが後々になって発覚すると違約金損害賠償などを求められてしまうことがあります。

事故車というのは車の基礎となる重要な部分がダメージを受けている可能性が高く、大幅に査定額を減額されます。しかし、それを知っているからこそ隠してしまう人が稀にいるのです。

査定の段階では気が付かなかったとしても、そのような事故歴があるかどうかは整備をすればすぐに分かります。

事故歴もすべてありのまま伝える

どれだけ査定額が下がってほしくないとは思っていても、事故歴を隠してはいけません。

事故歴があるのであれば、査定の段階で正直に伝えるというのが一番です。

もしも損害賠償を支払うことになってしまえば、正直に事故歴があることを伝えて査定額を下げられてしまった時よりも、はるかに大きなコストがかかってしまうことになります。

買取の後に査定額を下げられてしまった

買い取ってもらってから買取額を下げられてしまう、ということも稀にあります。

色々な手続きを済ませて買取が終わってから価格を下げられるのはとても卑怯な方法だと思うかもしれません。

しかしそれにももちろん理由があります。査定をした時には見つけられなかった不具合が、査定の後に行われる点検や整備などの段階で見つかったということです。

契約書は隅々まで確認を

買取が終わってから買取価格が下げられてしまうという場合には、どうしても文句を言いたくなると思います。

しかしよくよく見てみると契約書の一部分に、「後に問題が発覚したら買取価格を下げる」との旨が記載されている場合が多くなっているのです。

このような場合には記載されていることですので、どれだけ文句を言ったとしても買い取り価格を下げるということに同意する以外に方法はありません。

だからこそ契約書は隅々まで確認をしておくようにしましょう。ただしあまりにも著しく買取価格が下がるような場合には悪質な可能性もありますので、消費者センターなどに相談をしてみるのも一つの手段です。

まとめ

バイクの買取におけるトラブルというのは、場合によっては買取業者側に問題がある可能性もあります。しかし必ずしも買取業者側に問題があるのではなく、売る側と買い取る側の認識の違いがあったり、売る側に問題がある可能性もあるのです。

より良い買取をしたい、大切な愛車を信頼できる業者に売却したい、と思われるのであれば、ぜひバイク買取番長までお気軽に買取をご依頼ください。

大切にされた愛車を隅々までしっかりと査定させていただきます。

滋賀・京都専門のバイク買取

地域密着型でしか真似できない大手以上の高額買取、書類・手続きに関する徹底サポートをお約束します。
バイク買取に関することなら何でもお気軽にお問い合わせください。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

0120-075-819
line