傷ありでも大丈夫?バイク買取査定のポイントについてご紹介

バイク売却ガイド

車やバイクなど、知らない間に傷が付いていた経験は誰もが一度はあると思います。そして、いざ手放すタイミングになったときに傷がついているままの状態であることがほとんどだと考えられます。

バイクの買取を検討しているけど「傷があっても買い取って貰えるか不安…」という方は多いのではないでしょうか?

今回はバイクの買取を検討している方に向けて
・バイク買取の際に傷があっても大丈夫か?
・バイクの修理してもいい傷と、そうでない傷
・バイクの新旧と傷の関係について
・バイクを高価買取してもらう方法
について詳しくご紹介します。

バイク買取の際、傷があっても大丈夫?

まずは「バイク買取の際に傷があっても大丈夫か」について解説していきます。結論から申し上げますと、傷があっても買取は可能です。

一口に傷といっても様々な種類があり、主なバイクの傷の種類としては擦り傷や凹み・転倒による大きな破損などが考えられます。

上記の傷の他にも
・故障車
・不動車(動かなくなってしまった車)
・廃車(買取が難しい状態の車)
などの状態のバイクも想定されますが、こちらについても買取をしている業者はあります。

ただし当然のことながら、傷や凹みなどの大きさによって査定額は上下します。さらに、傷によっては自分で修理してもいいもの・そうでないものが存在するようです。

修理してもいい傷と、そうでない傷とは?

バイクの傷によっては、自分で修理してもいいものとそうでないものがあります。傷や凹みは素人がセルフで修理しようとしても、多くの場合がキレイに仕上がっていません。

例を挙げると傷や凹みが直しきれていなかったり、塗装にムラがある、部分的に違和感があるなどです。

そういった直しきれていない箇所というのは、査定業者が見ると一発で分かってしまいます。そのセルフ修理の箇所を業者が手直しすることになり、さらに手間と修理費が掛かって査定額を下げることになってしまうのです。

これが修理してもいい傷とそうでない傷が存在する理由です。よほど簡単なパーツや部品の交換で済む場合以外は、セルフ修理はなるべく避けるべきといえます。

バイクの新旧と傷の関係について

バイクに傷が付いてしまうのは乗っている以上避けられませんよね。しかし、バイクの傷による減額はバイクの新旧にも関係しています。

新しいバイクの方がより傷による減額の影響を受けやすく、古い型であればそれほど影響は受けません。というのも、新しいバイクを求める買い手はなるべく新品に近い状態を求めるため、査定でもそれほど深くない傷でも大幅に減額してしまうことがあります。

一方、古いバイクを求める買い手には「少しぐらい傷があって当たり前」という心理が働きます。そのため、新しいバイクと比較すると傷の影響はそれほどないと言えます。むしろ古いバイクを査定に出す際には、むやみに一部分だけ新しいパーツを用いたりせず、傷などの全体の雰囲気を残すべきとも言われています。これは、古い方の場合は車体の傷やアンティーク感が魅力とされているからです。

そして、これはバイクの新旧だけではなく、人気の有無についても同じことが言えます。人気のある種類のバイクは傷による減額の影響を受けやすく、あまり人気のないバイクはそれほど影響を受けないのです。

バイクを高価買取してもらう方法

バイクを高価買取してもらうための、おすすめの方法があります。今回は3つのポイントをご紹介します。

複数の業者から相見積もりを行う

まず相見積もりについてです。複数の業者から査定の見積もりをとり、買取額が一番高価な業者と契約をするという方法です。ホームページ上に無料査定フォームを設置している業者も多いため、簡単に複数見積もりをとることができます。

業者によって査定時の対応も様々で、
・鍵なしOK
・ローン残債あり
・車検証なしOK
などのオプションの有無も決め手のひとつです。

自社に修理工場を持つ業者を探す

続いては、自社に修理工場を持つ業者かどうかについてです。自社に修理工場を持っている業者は、バイクを安く修理することができます。よって、その分買取金額を高価にしてくれる可能性があります。

ホームページの会社概要欄や、家の近くであれば事前に見て確認してもよいでしょう。

必ず事前に洗車する

最後のポイントは、査定前には必ず洗車をすることです。バイクが汚いままだと、査定士は細かな傷までチェックすることができません。そうなると予測的に曖昧なチェックになり、査定額が本来よりも大幅に下げられてしまう可能性があります。

これにも根拠があり、多くの査定士は整備士のように修繕費用の詳細まで把握しているわけではないようです。そのため、目視でのチェックに頼る部分が増える関係で、査定時には洗車済みのキレイな状態が理想です。

汚れで細かな傷を隠してごまかそうとするよりも、車体をキレイにして査定に出した方が気持ちがいいですし、結果的に査定額も上がるといった心構えで臨むことが大切ですね。少し知識を持っている方であれば、パーツごとに分解し洗浄・仕上げにワックスやコーティング剤で磨きあげることでより良い印象を与えることができ、査定額も数万円単位で変わる可能性もあります。

まとめ

今回はバイク買取を検討されている方に向けて「バイク買取の際に傷があっても大丈夫か?」「修理してもいい傷・そうでない傷」「高価買取してもらう方法」などをご紹介していきました。

バイクの買取に関しては、基本的にほとんどのパターンが買取可能という認識で大丈夫です。(傷・凹みはもちろん、不動車や廃車も買取可能であるため)

そしてバイクにはセルフで修理してもいい傷・修理すべきでない傷があり、ほとんどの場合はセルフ修理すべきではありません。素人が修理して傷を大きくしてしまうよりは、洗車などクリーニングのみで留めた方が無難でしょう。

このように、初めての方にとってはバイク買取をする上での手順や、不安点がまだ挙げられると思います。バイク買取についてご検討の方・買取の手順がわからない方・無料査定などご希望の方は、バイク買取番長のホームページを是非ご覧ください。まずは査定・見積もりだけでもお気軽にご相談くださいませ。

滋賀・京都専門のバイク買取

地域密着型でしか真似できない大手以上の高額買取、書類・手続きに関する徹底サポートをお約束します。
バイク買取に関することなら何でもお気軽にお問い合わせください。

サービス詳細

関連記事一覧

カテゴリ一覧

0120-075-819
line